できた肉割れをクリームで消す体験談

肉割れとお別れの管理人について

『肉割れとお別れ』では私がクリームで消す方法を試した体験談を紹介しています。

20代となり働くようになってからは、運動不足を感じダイエットしなきゃと思いながらも結局は何もせず・・・。

ダイエットで痩せなければと思いつつも、結局は続けることができない。
気づけば肉割れはお腹と胸の付近にできていました。

やすがに痩せなければと思い、だんだんと体重は落ちてきているのですが、肉割れは簡単には消えてくれません。
そのため、本格的にクリームを使った肉割れを消す方法を試すことにしました。

私と同じように20代の方は仕事によるストレスや運動不足や外食で、太ってしまい肉割れができてしまった人もいると思います。
そんな人達に参考になればと私が肉割れをクリームで消す方法の体験談を残しておきます。

もしも、あなたが私と同じような状況であれば是非参考にしてください。

太ったのが原因で肉割れができました

冒頭でも紹介をしたように私の肉割れの原因は太ることです。

脂肪が増加をしてしまったので、皮膚の内側の真皮などの細胞が切れてしまったことになります。
そのため、最初は赤い線となって炎症をしていたのですが、時間が立てば白い線になっていました。

大分、肉割れ線の色の変化によって目立たなくはなったのですが、見ればやっぱりすぐに分かります。
調べてみると妊娠線と同じ症状ですが、妊娠以外の原因の人だとデブ線とも呼ばれています。

自分でも太っているのは自覚しているのですが、このままでいるのもやばい!
そう思ったので肉割れの原因を解消する為にも少しづつダイエットで痩せる。

そして、肉割れも消す方法を試してみようと決意することにしました。

肉割れの原因についての解説記事は下記をご覧ください。

ダイエットして痩せながら肉割れも消すと決意

肉割れを消すにはクリームやレーザーでの治療だけでは、効果は実感するのが難しいです。
どんな肌トラブルにも言えますが、ケアをしながら原因の解消をしていくことが必要

私は太ったのが原因の肉割れだったので、少しづつダイエットをして痩せようとも決めました。

ずっと痩せようと思っても痩せられなかった私なので、急激に脂肪を減らすなんて失敗をするのは分かりきっています。
まずは少しづつでも良いから、簡単に続けられるダイエットをしてみることにしました。

その上で目的は痩せることだけではなく、肉割れを消すこともでもあります。
そのため、肉割れケアと同時並行で進めることにしました。

私が行ったダイエットについて知りたい方は下記をご覧ください。
⇒簡単にできるダイエットで痩せる!太って肉割れができた私の続けられるダイエットの仕方

肉割れを消す方法

肉割れを消す方法として下記のどちらかしかありません。
そのため、必然と20代の私にできる方法は限られてきました。

  1. 自宅でクリームで消す方法
  2. 美容皮膚科のレーザーや炭酸ガスで消す方法

価格面や続けることができるかで考えると、私にあった方法は1つしかありません。
痩せようとは思うものの痩せられず、肉割れまでできた私としては価格よりも、継続して続けることができるかを重点に選びました。

私が選んだのがクリームを使って消す方法

私が肉割れを消す方法としてクリームを選んだ理由は下記の3つです。

  1. 価格が安いので20代の私には助かる
  2. 自宅でケアできるので続けられる
  3. 休日は休めるので生活が変わらない

これからダイエットもしますし、できるだけ安い方法で試していきたかったです。
何よりも、休日に病院へ通院をする必要もないし、自宅でケアをすれば良いだけなので、簡単で続けられると思ったからです。

正直、肉割れ線ができたままでいるのであれば、長い将来のことを考えれば多少の価格は我慢ができます。
ただ、確実に続けていく自身は私には無かったので、肉割れをクリームで消す方法を選びました。

美容皮膚科で消す方法を選ばなかった理由

美容皮膚科で消す方法としては下記のどちらかです。

  • レーザーで消す方法
  • 炭酸ガスの注射で消す方法

少しはこちらの方法も考えたのですが、下記の3つの理由で選ぶことはありませんでした。

  1. 健康保険が使えず全額負担で治療費が高い
  2. 火傷などの副作用のリスクもある
  3. 治療期間はクリームと同様に数か月にも及ぶ

レーザーや炭酸ガスで治療をして、肌への負担も考えて、数日から数週間後にまた施術をします。
そして、複数回の施術が必要なので、即効性がある訳ではなく、数か月の期間が必要となります。

治療費も高いし何度も通院をするのは私は続けられそうになかったので、皮膚科での消す方法は選びませんでした。

皮膚科で肉割れを消す方法については下記の記事で解説をしています。
⇒皮膚科でに肉割れを治療!レーザー・炭酸ガスを使った特徴や治療費

肉割れをクリームで消す3ヶ月から6ヶ月プラン

私は肉割れクリームで消すに当たって覚悟を決めたので、ある程度の使い続けるプランをまず決めました。
やっぱり早く効果をどうしても期待しちゃうし、途中であきらめそうな気がしたんです。

肉割れクリームの効果を実感するなら、最低でも3か月は使い続ける必要があります。
その理由としては肌のターンオーバーが1か月から3か月かけて行われているからです。

肉割れができたり、太ったりしたことからも分かるように、悪い生活習慣の私はと3か月と考えた方が良いと思います。

まずは人気の肉割れクリームを1か月置きに3種類使ってみる。
そこから、良さそうと感じたのを6ヶ月目までの3ヶ月間使い続けてみることにしました。

もちろん、最初の3か月の期間で満足する結果がでればと思ってはいますが、最低でも半年は肉割れクリームで消す方法を試してみることにしたのです。

私が使った肉割れクリーム

まず最初にどの肉割れクリームを使うか決めることにしました。
口コミ・評判・価格を参考に選んだのが下記の3種類です。

  1. プレマーム
  2. ノコア
  3. miteteマタニティクリーム

肉割れクリームは妊娠線を予防したい人やすでに出来た人が使っています。
口コミを参考にしてみると、予防したい人には評判が良い物の、消したい人には悪いなど様々です。

数ある肉割れクリームの中でも、消したい人の口コミや評判や価格を参考にして選びました。

薬局やドラッグストアの安いクリームを使わなかった理由

最近では安いコスメも多く、代表は薬局やドラッグストアで販売している、大量生産されてるボディクリームです。
肉割れだと保湿のボディクリームを使いますが、価格が数百円と安い価格で販売もされています。

しかし、私はこれらの薬局で販売している安い肉割れクリームは使いませんでした。

理由としてはアフターケア用でもなければ、肉割れ用でもないからです。
肌は保湿をすることが重要なので、肉割れ用でなくても効果がない訳ではありません。

しかし、ネットで効果を感じている人をほとんど見つけられなかったし、肉割れが簡単に消えるようなことではないのは分かってます。
そのため、きちんと肉割れ線ができた人向けのアフターケア用を使ってみることにしたのです。

これで効果を感じれないようだったら、あきらめるつもりで本気で決意をしていたのもあると思います。

最近の記事

  1. 肉割れの原因を話す女性

カテゴリー

PAGE TOP